若いうちはやりたいことなんかない方がいい理由

やる気さえ出せば、僕は何でも出来ると信じている。

逆に、やる気がなければ何も出来ない。
(これは信じる以前に事実だ。)

僕にとって、やる気やモチベーション、
動機づけと言った類のものは、
車にとっての燃料みたいなものだ。

そしてそのやる気というのは、
僕が興味を持てるかどうか、
ただその一点のみにおいてゼロイチで決まる。

僕は、そこそこ興味を持てるものですら、せいぜい数時間で飽きてしまう。
本当に興味を持てるものは、10年以上は飽きない。


そして、言い換えれば、
興味のあることというのは、
僕の「やりたいこと」だ。

僕は小学校5年生以降、
常に何か「やりたいこと」を持っていて、
それ以外に何もできない人間になっていた。

そんな自分は嫌いじゃないが、最近思うのは、
若いうちはそういう「やりたいこと」なんて、
実はない方がいいのかもしれないということだ。

なぜかというと、
ビジネスパーソンとして生きる場合、
起業や独立以外に最初から選択肢がなく、
厳しい道を歩まざるを得なくなるからだ。

独立せずに人様の企業に所属する場合、
人様から与えられるミッションがあり、
往々にしてそこには自由がないことが多い。

この中で、やりたいことを持っていて、
それを主張する人間はほぼ確実に叩かれる。

「能力もまだないのにワガママ言うな。まずは言われたことがちゃんとできるようになれ」
「やりたいことをやりたければ、成果を出してからにしろ」

まあ、大体言われることはこんな所だ。
僕はこの手のことはほぼ全て言われてきた。

環境との組み合わせが最悪なので、
常に環境に対する不満ばかりを言いたくなり、
素直に取り組むことが困難だ。

頭では、
「そんなことを考えるのは時間のムダなので、
素直に従って成果を出すことにコミットするべきだ」
というのは、死ぬほど分かっている。

だが、人間は感情の生き物で、
納得ができない限りはそれに従いたくない。

自分の信念を殺してまで人に従いたくないのだ。

従った瞬間、自分のやりたいことを否定したことになり、
自分の価値観を否定していることになる。

自分のアイデンティティを否定してまで、
人や組織に従うべきだとは思わない。

でも、組織に所属するということを考えると、
相手の主張も、組織の一員としての義務も理解できるので、
反論はできない。

それが分からないほど人はバカじゃない。

だから、組み合わせが悪かったと考えるしかないのだ。

怒られるたびに、落とし所として毎回その考えにたどり着くが、
それを言うことももちろんできず、
一方で「今すぐ退職する」と宣言する勇気もない。

時間だけがいたずらに経過し、何も成長しない。

日々不満だけが積もる。

何千回かこれを繰り返した頃、
ある日爆発したように「退職する」と言い出すか、
ある人は鬱になって休職する。

(僕は幸いメンタルは弱くない方だったので、半分鬱ぐらいで済んだ)

こういう僕みたいな人は、
顕在化していないだけで、
それなりの数はいると思う。

この一方、やりたいことがない人というのは、
素直に組織のミッションに従うことができる。

素直に従うから組織でも可愛がられるし、
ちゃんと本気で取り組めるので成長も早い。

そうやって成長する中で、力をつけた頃に、
やりたいことを見つけてそっちへシフトしていくことができる。

どう考えたって、やりたいことが明確にある人は、
それが確実にできる企業や職場に行けないかぎり、
損をする構図になっているのだ。

だから、僕は若い内には、
やりたいことなんか無い方が、
若い時間をムダにしないで済むからよいと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る