僕が「…したい」という言葉を殺した理由

理由は簡単だ。

「…したい」と言っている内は一生やらないからだ。
魅力的だと思ったことに対して取り組む姿勢は三通りしかない。
1. やらない
2. いつやるかを具体的決めて実行する
3. どうしても前のどちらかに決められない場合のみ「いつかやるリスト」に放り込む。
※ただし、いつかやるリストは一週間に一度など、定期的に見直しをされ、
そこに一年以上残留したものは基本的に削除されるものとする。
この仕組みにより、僕の人生から、
単にやりたいだけの戯言は消滅した。
すべて実行されるか抹消される運命にある。
よって、僕は一生「…したい」とは言う必要がなくなった。
【追記】
過去の自分に言い聞かせてやりたいが、
僕が最も信用出来ない言葉の一つは、
「いつか起業したい」だ。
それはイコールで一生やらないと言っている。

本当にそれをやりたいと思っている人は、
今すぐに行動を始めるものだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る