【G’s Academy LABコース体験記】180112

年末から年始にかけてチーム開発を行っていたが、
その間一切の更新をサボってしまったため、
もはや何日目か分からない。

一旦、日付対応することにした。

今日はアルゴリズム論最終回。
改めて講師は株式会社キカガクの吉崎さん。

以下は今回Pythonやりながら学んだこと。
箇条書きにて。

コメントの書き方

関数の機能ではなく、引数が何か、アウトプットが何か

# add(a, b)
# input:
# a <- list
# b <- list
# output:
# c <- list
# -----
# example
# a = [1, 2, 3]
# b = [4, 5, 6]
# c = add(a, b)
# c -> [5, 7, 9]

機械学習実装の難しいこと

  • コツは、精度が見えなくても一旦リリースしてしまうこと。
  • 組めるものと使うものは別である
  • 実装でpythonを使ってしまうと、人件費が高くなる
  • (一方Railsは若くて安いエンジニアが雇える)
  • 引き継ぎのコスト
  • 対応策で、Web API部分だけPythonを噛ませたりして、他はRailsを使うとか。
  • 環境構築なんかでスキルセットが必要になるので、大変であることは覚えておくこと。

関数化するタイミング

  • パッと見て分かるときはしない
  • 可読性を失っているときに行う
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る