感情的に判断することは、実は合理的かもしれない

矛盾するように聞こえるが、今日ふと気づいたことだ。

僕たちの感情は、おおよそ本能が形作られたお猿さんの時代に根ざしており、当時はこの感情が合理的だった…という話は僕は好きだが、今回はその話ではない。

現代においても合理的な場面が多々あることに気づいた。

例えば、僕は気分で働く場所を変えるが、そこに論理的な理由はない。

今日は家にいよう、今日はこっちのカフェに行こう、次はマクドナルドにしよう…

これらを直感で決めることは、意志決定に使う精神力を節約することにもなるし、合理性を思考し、比較する時間の節約にもなる。

よくよく考えてみると、隣り合わせで並んでいるカフェで、どっちで仕事をしようか、というのを完全に論理的に意志決定しようとすると、それだけでかなり疲れる。

・空いていそうか

・うるさくないか

・飲み物は美味しいか

・飲み物のコスパはいいか

・長居しやすいか

・雰囲気はいいか

・気分が乗って生産性は上がりそうか

これらを全て網羅的に考え、それぞれのインパクトの大きさを見積もり、補正係数をかけ、比較する…というのは、アカデミックの世界でこそやるけれども、日常のこんなカジュアルな意志決定で毎回するのは馬鹿げている。

感情的な意志決定は思いのほか合理的なのだ。

—-

そもそも、論理的思考で拾える情報空間には限界があるので、正しく評価することが出来ない可能性すらある。

だって、そこにいて地震が起きて建物が倒壊して死ぬリスクなんか、誰にも見積もれない。

通常は無視するが、無視する時点で既に完全に論理的な意志決定ではない。

あくまで近似という論法で出した答えに過ぎず、正確ではないのだ。

無視できない塵も積もれば山となり、結果を大きく左右する。

以前述べたように、意志決定の対象の大きさによって、真の意味で論理的に意志決定ができるかどうかは決まる。

カフェの例を鑑みると、案外その可能性の分岐点は、小さな意志決定なのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る