言葉

感情的に判断することは、実は合理的かもしれない

矛盾するように聞こえるが、今日ふと気づいたことだ。

僕たちの感情は、おおよそ本能が形作られたお猿さんの時代に根ざしており、当時はこの感情が合理的だった…という話は僕は好きだが、今回はその話ではない。

現代においても合理的な場面が多々あることに気づいた。

例えば、僕は気分で働く場所を変えるが、そこに論理的な理由はない。

今日は家にいよう、今日はこっちのカフェに行こう、次はマクドナルドにしよう…

これらを直感で決めることは、意志決定に使う精神力を節約することにもなるし、合理性を思考し、比較する時間の節約にもなる。

よくよく考えてみると、隣り合わせで並んでいるカフェで、どっちで仕事をしようか、というのを完全に論理的に意志決定しようとすると、それだけでかなり疲れる。

・空いていそうか

・うるさくないか

・飲み物は美味しいか

・飲み物のコスパはいいか

・長居しやすいか

・雰囲気はいいか

・気分が乗って生産性は上がりそうか

これらを全て網羅的に考え、それぞれのインパクトの大きさを見積もり、補正係数をかけ、比較する…というのは、アカデミックの世界でこそやるけれども、日常のこんなカジュアルな意志決定で毎回するのは馬鹿げている。

感情的な意志決定は思いのほか合理的なのだ。

—-

そもそも、論理的思考で拾える情報空間には限界があるので、正しく評価することが出来ない可能性すらある。

だって、そこにいて地震が起きて建物が倒壊して死ぬリスクなんか、誰にも見積もれない。

通常は無視するが、無視する時点で既に完全に論理的な意志決定ではない。

あくまで近似という論法で出した答えに過ぎず、正確ではないのだ。

無視できない塵も積もれば山となり、結果を大きく左右する。

以前述べたように、意志決定の対象の大きさによって、真の意味で論理的に意志決定ができるかどうかは決まる。

カフェの例を鑑みると、案外その可能性の分岐点は、小さな意志決定なのかもしれない。

誇りを持つこととプライドが高いことの違い

結論から言うと、誇りを持つというのは、何かを名誉に思うという意味だが、一方でプライドが高いというのは傲慢と同義だ。

日本語の誇りという単語は、英語でプライド(pride)と訳される。

しかし、日常的な会話において、
誇りはポジティブに使われることが多い(誇りに思う、など)のに対し、
プライドはネガティブに使われることが多い(プライドが高い)。
誇りとは、何かを名誉に思うことであり、
自分が価値のあると感じるものを信じることであり、
これ自体は本来むしろポジティブな意味だ。
だから、ネガティブな使い方は僕には違和感があって、
何が変なのか考えてみた。
プライドという言葉は、プライドが高いというフレーズで使われることが非常に多いため、
一旦プライドが高い人のペルソナをもとに、この意味を考えてみよう。
セットで使われる文脈でパッと思いつくのは以下のような感じだ。
あの人はプライドが高いから、
・失敗したら心が折れそうだな
・間違ってるところを言いにくいな
・指示を聞いてくれるか心配だな
これらに共通する人物像は、
・自分のやり方が絶対だと(心の底で)思っている
・自分は間違えないと過信している
といったところだろう。
信仰の対象が自分になっているのだ。
ちょっと難しい線引きなのだが、
これは、自分の存在を認め、受け入れるのとは違う。
人が自分に自信を持ち、健全な精神状態たり得るのは、
自分を優れた存在(=名誉のある存在)と考えるからではなく、
自分の長所短所含め、そのままで存在していいと受容してあげるからだ。
つまり、プライドが高いというのは傲慢である。
結果として、自分が絶対に正しいと思い込み、人の指摘を受け入れられず、人の意見を素直に聞く柔軟性を持たないのだ。

論理的思考の限界〜論理的思考は本当に説得以外に使い道はないのか〜

人気シリーズ「論理的思考の限界」の第四弾。

過去の関連記事はこちら
論理的思考の限界
論理的思考の限界〜意思決定を論理的に行うとハマる罠〜
論理的思考の限界〜なにかをする理由、しない理由〜


僕の中でそれなりの答えが出たので、整理しておく。

論理的思考の限界〜意思決定を論理的に行うとハマる罠〜でも説明したように、
論理的思考はその性質から、他者への説得ツールだと割り切ってもいいかもしれない、
というのがメタップス佐藤さんの論旨だった。

重箱の隅をつつくような話に聞こえるかもしれないが、
僕はこの考えに概ね賛同しているものの、違和感もあった。

例えば、今ある場所に急いで、なるべく安く行きたいとする。


そして、その行き方が2通りあるとする。

一つは、有料で1時間かかる。
もう一つは、無料で30分かかる。
料金とかかる時間以外の条件が完全に同じだとして、
どちらの道を通るべきか。

まあ、普通に考えれば後者をとる。

これは論理的に考えた結果だし、
誰にとっても最善の選択であることは疑いの余地がない。

このように、論理的に考えて正しい意思決定が出来る場面もある。

つまり、論理的思考は意思決定に使うのは危険だ、というのは前提がある。

その前提は、意思決定の対象の抽象度が高く、

人間が認識できない思考空間が存在する(=対象が大きい)ことだ。

その意味で、論理的思考は抽象度の低いものに対しては完全にワークするので意思決定に利用できるが、

抽象度の高いものに対しては意思決定に利用するべきではなく、
相手の説得など他の目的に使われるべきだということが言える。

じゃあ、僕たちは対象が大きいものに対してはどう意思決定するべきなのだろうか。

この議論に対しての答えが、パターン思考だというのが僕の考えだ。

世の中の構造はフラクタル構造であるため、
ある領域で観察された現象が他の領域でも起きる。

例えば、かつてPC市場を席巻したマッキントッシュは、
オープンソースのWindowsに取って代わられた。

これは近年モバイル市場でも同じことが起きていて、
最初にiPhoneが市場を形成するものの、
オープンソースのAndroidが市場をとった。

モバイル市場の未来予測というのは、あまりにも抽象的で、一つ一つの要因を調べて結果を導き出すのは複雑過ぎて誰にもできない。

だが、パターンとして捉えた瞬間に、その複雑性を無視して、確度の高い予測が出来る。

また、このパターンというのは、統計的なアプローチと系統は同じで、
「理由はよくわからないが、そうなるはずだ」という主張の仕方をしている。


ある意味論理的ではないが、
怪しげな結論ありきのファクト(確証バイアス)集めをするよりは、全然価値のある考え方だと思う。


皆さんにとっての論理的思考の取り扱いの一助となれば幸いだ。

価値観とは「証明不可能な事象の答えをどう考えるか」である

価値観という言葉がどういう意味なのか、
ちゃんと考えたことがあるだろうか。

身近な言葉ほど、定義が曖昧なことが多い。

今日は、価値観という言葉の定義について僕の考えを示そう。

結論から言うと、僕の価値観の定義は、
「証明不可能な事象の答えをどう考えるか」
である。

そしてこれは狭義の価値観の定義でもある。

そもそも価値観には、価値を見出す対象ごとに大きく二つある。
・答えが分かるものに対する価値観
・答えが分からないものに対する価値観

そして、前述の定義は後者に対するものだ。

まず、答えが分かるものというのは、
例えば
「俺は一人で生きていくのが、気楽で幸せなんだ」
という個人で答えが異なる類のものだ。

幸せの感じ方というのは個々人で異なるが、
自分にとっては答えがある程度明確に決まっている。
(後述の通り、科学的な答えがあるものは、ここに入らない)

一方、答えが分からないものというのは、

「長い時間をかけて準備して起業派 vs 今すぐ起業派」
「量より質 vs 質より量」

みたいな、現代の科学では証明ができないものだ。

人とコミュニケーションしていて、
大体問題が起きるのはこっちの話だ。

そして、人々は自分の経験談や身近な成功者を引き合いに、
議論を開始する。

しかし、これは非常に不毛だ。
なぜならどれだけ事例を出したところで、
厳密な証明ができないからだ。

そこにあるのは、証明不可能な命題に対して、
何を自分は信じるか、という考え方だけだ。

こんなものが人と一生交わるはずがない。
そもそも信じる信じないの宗教の世界の話なので、
どっちが正しいもクソもないのだ。

万が一それが証明可能な内容だったとしたら、
それは価値観の違いではなく、
どちらかが明確に科学的に誤っているだけだ。

(実験を軽視している、権威で正しさが決められがちな、
社会科学の領域の理論が基盤にあるとすればそれは論外である。)

この価値観という言葉を、
具体的に定義することの効用は何か。

それは、
価値観が合わない人がなぜ合わないのか、
その起きている現象を客観視し、
建設的な議論ができるようになることにあるのだ。

【追記】
ちなみに、後者の価値観の定義は、
定義から言って時代によって変わる。

例えば、1+1が2ではなく、3という考え方があったとして、
それは価値観が違うのではなく、
ただ単に誤っているだけだ。

しかし、戦国時代の人が、
地震は八百万の神のイタズラだと考えていたとして、
それは誤りなのだろうか?

その時代に生きていた人は、それを科学的な誤りだと認識できない。
現代から見てこそ誤りだが、これは立派な価値観だったのだ。

つまり、科学によって証明が可能な領域が増えれば増えるほど、
後者の価値観の領域はなくなっていく。

今後、AIと世界中に散りばめられたセンサーによる取得データによって、
ある程度未来の予測が可能になることがあるとすれば、
そのときは、それこそ
「とりあえず三年は働いた方がいい」
みたいな証明不可能な価値観の話も、正しいか誤りかが解ってしまうだろう。

「なんで?」ではなく「どうやれば?」と聞くのも必ずしもよくないという話

多くの上司は、部下が失敗したときに、

「なんで?」と聞く。
この聞き方がよくないことについては、
最近はかなり議論が尽くされている。

建設的に話をすすめるための方法論としてよく聞くのは、

「なぜと問うのではなく、どうすればできるか?と問うといい」
というものだ。
なんで?と聞くことは時間の流れ的に過去に遡ることになり、
議論が前向きになりにくいことが知られている。

聞かれる側は自分の失敗を突きつけられている感じがして嫌な気分だし、
言葉の受け答え的にできない理由が出てきやすい。

一方、「どうすればいいか?」は時間の流れも未来に向かっており、
一緒に考えている感じもするし、

できる方法を考えるので議論が前に進む。

これは一種の質問力だ。

そして、僕は最近までこれは例外なく正しいと思っていたが、
これも必ずしもそうでもないことに新たに気づいた。
なぜなら、できなかった理由が本人の心の問題だったときに、
どうすれば、を聞いても仕方ないからだ。

どういうことか。

そもそも、「どうすればできるか?」という問いかけは、
できることを前提にする話である。

だが、そのできることが前提になること、
あるいはやることが前提になっていることが、
そもそも感情的に受け入れられていない場合は、
そんな小手先のテクニックを使ったところで話は進まないのだ。

例えば、
毎日やりたくもない定例のタスクを振られているような場合、
どうやったらできるかなんて、本人はとっくに分かっていることが多い。

だから、どうすれば、という問いかけをされた場合、
答えは自分のやる気を引き出す工夫になるのだが、
それは直接は言いづらい。

理由はやる気がおきないから、なんていうのは、
この日本社会では基本的にはNGの言葉だからだ。

だから、もしそれを察知できる有能な上司がいたなら、
そのときの問い方は「なんで」でも、「どうやれば」
のどちらでもない。

「どうした、最近悩んでるのか?ちょっと話そうか」
が正解だ。

あなたの上司があなたの時間を大切にしてくれているかを見抜く方法

僕は日頃から観察していることで、

当たり前だと思っていたが、

「言われてみれば確かに!」と面白がってくれた方がいたので紹介する。
これは主に組織的な肩書きの上で、
自分よりも立場が上の人の振る舞いを評価する上で役に立つ。
部下や他人を自分と比べてフラットに見ている人は、
仕事中のその人に声を掛けるのに、
「すまないが、今ちょっとだけいいか?」
と声をかける。
人を見下している人は、
「おい、〇〇、ちょっと」
と声をかける。
違いは、相手の時間を尊重しているかどうかだ。
後者は自分に時間が割かれるのを当たり前だと思っている。
通常、後輩が先輩に声をかける場合、
絶対と言っていいほど、
「今少しお時間いいですか?」
と声をかける。
先輩の時間が貴重だと分かっているからだ。
そう言わないのは、
相手の時間が自分に割かれて当然だと思っている証拠だ。
ちなみに傾向として、
前者は創業社長的な人、後者はサラリーマン社長的な人に多いというのが僕の仮説だ。
創業社長は色んな人に助けられた過去から、
どんな人でも尊重する姿勢を持つ。
サラリーマン社長は業績に貢献さえしていれば評価されて昇進した過去から、
多少の先輩ヅラは当たり前だという姿勢を持つ。
これは社長に限らず、役員やマネージャーなどあらゆる役職に適用可能な話だ。
あなたの上司や社長は、
あなたの時間を大切に思ってくれていますか?
【追記】
僕は常々こうした言葉の端々に、
人の潜在的な思考や姿勢、価値観が表れると思っているので、
人の言葉遣いにはすごく敏感だ。
この話を面白がってくれた先輩に、
「なんでそんなに言葉に敏感なのか」
と聞かれたが、皆目見当がつかなかった。
さしづめ、人の気持ちが言葉以外から汲み取れないのが不安で、
言葉(だけ)から意味を推察する能力が発達したものかと思われる。

外人が日本語習得で難しいのは「漢字だ」という嘘

レベルにもよるが、

そこそこ習得した外国人にとって、

一番の難関は実は漢字ではないという話を、

一緒に仕事をしているアメリカ人のMさんから聞いた。

じゃあ何が難しいのかというと、実は

カタカナなのだ。

「漢字は分解すれば分かる」そう。

部首の意味や由来について、

僕はあまり詳しくないので、

そんなに分かるのかどうかは不明だが、
少なくともカタカナが難しいことは、
言われてみれば理解できる。
従来の日本語にない、

ありとあらゆる内容がカタカナにまとめられるので、
そもそも英語である保証がない。
しかも、英語だったとしても、
発音が違うように表記されることもある。
さらには、見た目で意味がわからないので、
実際に発音してみないと、
一語のまとまった発音が分からない。
なるほど、確かにカタカナは難しい。
【追記】
ちなみに、言語や単語の種類によっては、
発音がそのままのことがある。
例えば、スペイン語は母音が日本語と同じなので、
パエリヤなんかはほぼそのままだし、
地名はそのままのものが多く、
ローマなんかは発音がほぼそのままだ。
こうした違いは、やはり地政学的な影響が大きいのだろうか。
言語とは、非常に面白いものだ。

外国語中級者がぶつかる壁

変に外国語が上手だと、

かえって誤解を招くことがある。
これが外国語中級者の壁だ。

例えば、先日僕は上司とアメリカ人アドバイザーのMさんとの三人で

そのときは日本語で会議していた。

(Mさんは日本語がそこそこ話せる。)
Mさんの作成したとある資料について、
僕の他の同僚たちからフィードバックをもらったので、
それについて彼に「どう思いますか?」と聞いた。
すると、彼は
「私はこれについて反論すればよろしいですか?」と言った。
僕はこれに違和感を覚えた。
そして上司はMさんに言った。
「反論、というかフィードバックを踏まえて建設的な議論ができればと思っています」
と。
僕はこの文脈で、2つのことを理解した。
ひとつは、Mさんは「反論」という言葉を非建設的な意味合いで使ったわけではないこと。
反論という言葉は、日本人にとっては、
自分の意見を通すニュアンスを含んで聞こえる。
しかし元来、Mさんは建設的な人間であることを知っていた僕は、
Mさんがその文字通りの意味が言いたいわけではないのだろうと察した。
確かに、「〜すればよろしいですか?」の構文で、〜に反論以外の言葉を入れるのは日本人でも難しい。
もうひとつは、これが外国語中級者にありがちなニュアンスの壁だということ。
反論という言葉のもつやや否定的なニュアンスは、
日本人でなければ理解できない。
これは逆に僕たちが英語を話すときも同様だ。
今回のように、意図せぬ反応が相手から返ってきたら、
自分の話したことを思い出し、
そのニュアンスを点検するといいだろう。

貧乏ゆすりを「金持ちゆすり」と命名したい

貧乏ゆすりとは、ざっくりWikipediaによれば、

以下のような由来らしい。

「貧乏揺すり」という名称の由来については諸説ある。

  • 貧乏人が寒さに震える様子から
  • 高利貸しが貧乏人から取り立てる際に足をゆすることが多かったから。
  • 江戸時代に足をゆすると貧乏神に取り付かれるといわれていたから。
  • 貧乏人がせかせか動いているように、高貴な人からは見えるから。
  • 貧乏人が緊張のあまり、足をゆすっていたから。

そして、面白いことに、やはり地域によっては他の落ち着きのない癖と一緒に単純に総称されるようだ。

なお、日本語ではいらいらしている際の足を揺する行為に対して「貧乏揺すり」という特定の名前をつけているが、英語圏などでは決まった名称がなく、 knee shakingleg shaking「ひざ[脚」の揺れ」, Tapping(shaking) unconsciously「無意識な脚の揺れ(タッピング)」 などと描写され、手や髪をもてあそぶ行為を含めた落ち着きのない行為一般としてFidgetingと呼称される。

さて、何も隠すようなことではないが、
僕は貧乏ゆすりがクセだ。
そして、右手でこめかみ付近の髪の毛をくるくるするのもクセだ。
最近自覚的になってきたが、
これは何かに集中しているときに発生する。
こうした癖は、実は無理に止めさせると、
思考力が下がるという研究結果もある。
自分自身もその感覚があって、
むしろ最近ではその応用編で、
集中できないときに逆にその
「貧乏ゆすり」をすると集中力が高められるという技術を身につけた。
確かに、食事中などでマナー違反というのはまあ、分かる。
だが、それ以外の生活シーンで、
その人がパフォーマンスを上げるために無意識でやっている、
「ルーティン」を「貧乏」としてラベリングされるのは、
身についてしまった者としては、
ちょっと嫌な気分だ。
僕たちは(冒頭にあるように)Fidgeting しているだけだ。
そして、むしろ集中力が高まるのだから、
金持ちにむしろなる可能性を高めているのだ。
ということで、
日本でもポジティブな意味合いを持つラベリングがいいと思うので、
「金持ちゆすり」はどうだろうか。
絶賛ネーミング募集中である。

自社を「うちの会社」と呼ぶ人、「この会社」と呼ぶ人

以前、この辺りの記事でも書いたことだが、

人の使う言葉と意識というのは密接に繋がっている。
実は、その人の会社への所属意識というのは、
割と簡単に把握できる。
その方法がタイトルだ。
自社のことを
「うちの会社」と呼ぶ人は、主体の視点が社内にあるので所属意識が高い。
「この会社」と呼ぶ人は、主体の視点が社外にあるので所属意識が低い。
ちなみに別に低いことが必ずしも悪い訳ではない。
外からの見え方とかを相対化して提供できるのは、
こういう人の方が得意だったりする。
だが、その反面「コレをみんなでやろうぜ!」なんてことには、
少し溶け込めないことが多いだろう。
で、会社というのは基本的にビジネスをする場でしかないので、
「コレ」というのはビジネスであり、
日々周りから少し距離を置くことになり、
少々いづらい。
マネージメント側としては、
「この会社」と言っている人には注意を払った方がいいだろう。
ところで、先日感じたことなのだが、
仕事への取り組み姿勢もやはり言葉から透けて見える。
僕は今の事業をやりたくて仕方ないのだが、
組織が完全なスタートアップという訳でもないので、
全員が同じモチベーションという訳にはなかなか行かない。
そんな中で感じたことなのだが、
事業を「やらないといけない会社の仕事」と捉えている人の使う言葉は、
どこか一緒に何かをやろうとしている「同志」にかけるそれではない。
例えばそれが顕著に表れるのは、
ただの指摘なのか提案なのか、だ。
一緒に何かを成し遂げようとしている同志に、
「これちゃんと考えてるの?」とか、
「(事業の目的からではなく一般論として)これはこうするべき」と言って終わりだったり、
こんな指摘を言って終了するようなコミュニケーションはないはずだ。
「(事業はこうしたいから)こうしたい、でも一般的にはこうするのが正攻法だ。私はこう思うが、どう思う?」みたいな一緒に考える方向のコミュニケーションになるのが普通だ。
細かなニュアンスまで文面では伝わらないが、
言葉の端々からそんなものが見え隠れする。
人がどう思おうと勝手で、
そこに干渉しないのが僕の主義だが、
建設的な組織にするためには、
そうした言葉の使い方に注意を向け、
適切な配置やコミュニケーションをとることが重要だと思う。