【G’s Academy LABコース体験記】6日目

一日遅れで更新。

課題をやっていたら気づいたら夜中の2時とかになっていた。

嫌いなことは1分も集中できないけど、
好きなことは寝食を忘れるリバースエンジニアです。

6日目で一つ良かったのは、面談を組んでもらったことだ。
僕を担当してくださったのは、主席講師の山崎先生という方だったが、
僕が感じていた不満を全部優しく懇切丁寧に聞いてくださった。

もちろん、今後僕が不満に思ったこと(2・3日目の記事参照)が、
実際に改善されるかどうかが大切だが、
ひとまずは主席講師に伝えられたということで安心だ。

何と言っても僕たちは70万円と半年というリソースをここに捧げると決めたのだ。
意地でもそれ以上の対価を得て帰らなければならない。

さて、6日目の講義内容は、
ほんのちょびっとjQueryというJavaScriptのライブラリの使い方をやっただけで、
後は、前回の課題のLP作成をjQueryを使って進化させるのをひたすらやるだけだった。

僕は前回のLP作成課題(実際の制作物はこちら。最低ラインはこちら。) にて、
以下の機能をjQueryを使って実装していたので、課題の最低ラインはすでにクリアしていた。

・ロード画面の作成
・チーズの穴をモチーフに全体的に丸みを帯びたデザインに変更
・ナビゲーションのスクロール移動
・右下にトップへのスクロールボタンの追加
・トップイメージが固定されており、画面後ろにあるように見えるデザイン
・コンテンツはすべて下から上にフェードイン
・上にオーバースクロールしたときに猫が一瞬出現
・送信ボタンに3秒hoversすると、ドラえもんとネズミが出現

だが、コードを自分でかけなくては意味がないので、
アウトプットのクオリティを上げる代わりに、
jQueryのコードを読解し、書けるようになることに時間を全て割いた。

結果的に、上記のコードはそらで全て自分で書けるようになった。

周りがアウトプットのクオリティを上げる中でのこの判断は、
順位を気にする僕の性格から言ってかなり苦渋の決断ではあったが、
代わりに得たものは大きかった。

7日目の課題提出に向けて、この後は残りの時間で以下のことをやる予定だ(った)。
・レスポンシブデザインで、メニューバーが折りたたまれ、クリックで表示できるようにする
・タイトルにマウスカーソルが近づいたら文字がひっついて、一定離れるともとに戻る

【G’s Academy LABコース体験記】0日目〜なぜ僕がgsに通うことにしたのか〜

僕のこの体験記を読みたいと思ってくれる人は、
おそらく人生の岐路にいて、ジョブチェンジを考えているか、
それに近い大きな意思決定をしようとしている人だろう。

人の意思決定のプロセスを知ることは、
自分の意思決定において非常に参考になる。

【参考】

僕の体験記が少しでも多くの人にとって価値のある情報になるようにするため、
そもそも僕がなんで通うことになったのか、
その背景をお伝えしておこう。

ポイントは、
・なぜ海外のブートキャンプに行かなかったのか
・なぜ国内のキャンプでgsを選んだのか
の二点だ。

僕は2016年の10月頃、
新卒で入った会社を退職し、
サンフランシスコにあるHack Reactor(以下HR)
というブートキャンプ界のハーバードと呼ばれる、
プログラミングブートキャンプに通うつもりだった。

これは、子供の頃からの夢だった、
エンジニアという職業に就くためだった。

そのときは今と違って起業という選択肢はあまり考えておらず、
とにかく自分でプロダクトが作れる人間になりたかった。

それで、どうせやるなら世界一だと思って選んだのがHRだったわけだ。
その後の就職とかは、正直何も考えていなかった。

とにかく、新卒で入社した会社で失ってしまった、
僕が楽しいことに没頭できる貴重な時間を少しでもリカバリーしたかった。

最短でエンジニアになるために、
言語の壁だろうがお金の壁だろうが、
どんな苦行でも、やりたいことのためにならなんだって乗り越えるつもりだった。

HRに入学するには、入学試験をパスしなければならないが、
その試験がシリコンバレーのエンジニアの採用面接よりも難しいと言われている。

入学試験の面接(live coding)はSkypeやZoom.usなどを使って行われる。

面接のチャンスは三回までで、三回落ちると二度と挑戦ができない。
僕は当時すでに二回落ちてしまい、すでに後がなかった。

そんなメンタルがギリギリのときに、
僕はHRのスタッフから、日本でキャンプを作ろうとしているから、
その立ち上げスタッフにならないかと別のジョブオファーを受けることができ、
喜んでそれに飛びついた。

僕はそのプロセスで、
HRのエッセンスと、ちょっとしたコーディングスキルを身につけることができた。

しかし、間もなく僕はそのジョブを辞めてしまった。

日本の某大企業の中でのスタートアップという形でスタートしていたが、
僕がやはり大企業という組織形態に馴染めなかったのだ。

このとき、どうせ事業を作るなら、自分でやろうと決めた。

【参考】
それで、やっぱり必要なのは自分で開発するスキルであって、
結局どこかのキャンプに通わなければならないことは決まっていた。

HRに再度挑戦しても良かったのだが、
正直に言うと、僕はHRでドロップアウトさせられずに、
最後までやりきれる自信がなかったから行かなかった。
(HRにはついていけない生徒をドロップアウトさせる仕組みがある)

僕はHRのスタッフと一緒に仕事をする中で、
英語でプログラミングを学ぶということを少しながらやったのだが、
新しい概念を学ぶときに母国語が使えないのは、
少なくとも僕の英語レベルだと効率がとても悪いことに気づいたのだ。

【参考】
この経験があって、僕は本場で世界中の優秀な奴らに囲まれて、
プログラミングを勉強するという選択を止めたのだ。

さて、そうなると、残るは国内のキャンプを探すことだ。
前職でプログラミングキャンプ事情は日本人で指折りぐらいに詳しくなっていたので、
僕がどこに行くかを決めるのはとても容易だった。

それで、結論から言うと、
僕がgsに決めた理由は、起業向けのカリキュラムになっているからだ。

卒業制作という名の自分の起業アイディアのプロトタイプ制作ができ、
そのために、起業家界隈の各方面のプロの方がビジネスサイドも含めてフィードバックをくれる。

ちなみに、僕がgsに行く、と言ったときに、
「え?どこそれ?実績がないし止めときなよ」
みたいな反応の人が多かったが、
僕はそのありがたい忠告を例によって無視して今ここにいる。

実績がないのは当たり前で、まだgsは始まって二年ぐらいだ。
そこから世界で活躍するベンチャーが生まれるには、まだ時間が短すぎる。

また、HRが無名だった当時、
初期の生徒たちは、その圧倒的な実力にも関わらず、
学んだスクールのその名の知名度の低さが理由で、
採用面接で落とされるという苦い経験があったことを聞いていた。
(スクール名を伏せて、アウトプットで勝負するようにしたところ、
Googleなんかで採用されるようになった)

多くの人がよく勘違いしていることだが、
今実績がないことは、それ自体に実力がないこととイコールではない。
時間が経過しなければ、実績は出ないからだ。

僕はgsのカリキュラムを確認し、
起業という目的に合致した内容であることを確信した。

国内には、そうしたビジネスサイドも含めたフィードバックが得られたり、
自分の制作するプロダクトの方向性別に選択できる授業があったりする仕組みは存在しない。

これが理由だ。

これからプログラミングキャンプに行きたいと思っている方に、
フラットに伝えておかないといけないことが一つある。

僕の同期の中にちらほらいたのだが、
TechAcademyやTechCampに通ったが、
結局現場での力はつかなかったので、
ここに来たという理由で来た人が数名いる。

これは選択したコースの問題だと思うが、

アメリカのブートキャンプもそうなのだが、
日本でもちゃんと目的とレベルを見定めて行かないと、
二度手間になってしまうこともあるみたいだから、
十分な調査の上、通うことをおすすめする。

その意味で、僕のブログがその一つの参考資料になれば幸いだ。

【G’s Academy LABコース体験記】5日目

課題の提出と発表、およびjQueryの導入だ。

課題は素材と設計書をもらったLP的なのを、
自分でゼロから制作して、
余裕があれば追加開発をして提出するというものだ。

事前に前期生のトップの作品を見せられていたので、
いいベンチマークになった。

当然、それを超えることが一つの目標で、
僕は週末を開発につぎ込んだ。

そのベンチマークの作品に実装されていた機能とほぼ同じことは、
提出の二日前に終わっていたので、
ベンチマークとの比較から言って、
提出すれば一番自分が完成度が高いと思い込んでいた。

だが、発表の今日を迎えて、
それは僕のとんだ勘違いだったことがわかった。
僕よりも面白い、あるいは素晴らしい作品を作ってきた人は何人もいた。

ベンチマークはベンチマークにすぎなかった。

嬉しい誤算だ。

正直に言うと、自分より上の人が沢山いて安心した。

もちろん、自分よりも上を行かれてめちゃくちゃ悔しいのだが、
僕は自分が一番になった瞬間にだらける性格なので、
常に上に誰かがいてくれる方が好きだ。

(まあ、こんな偉そうなことを言っておきながら、
僕は何をやってもなかなか一位にはなれないのだが。 )

次の木曜までにjQueryまたはJavaScriptを使って追加開発をするのが次の課題だ。

僕はかつてHack Reactorの入学試験の対策を一ヶ月ほどやっていたので、
JSは少し分かる。

次はもう少しイケてる作品を作るつもりだ。

【G’s Academy LABコース体験記】4日目

企画の講義とワークだった。

講義の内容は、
僕達が卒業制作でプロダクトを作るまでに、
水面下で企画は進めなければならないという目的のもと、
いかに企画を作るかという話があった。

僕は毎日のように、好きで新規ビジネスの企画を考えているが、
改めてフレームワークで整理された内容を読んで、
頭の中が少しスッキリした。

ワークの方は、グループに分かれて、
代表者一人のアイディアをみんなでブラッシュアップし、
発表するというものだった。

僕はこの場は友人に譲ったが、
結論としては非常によい場だった。

ビジネスアイディアというのは、
思いついた当人には、過度にいいものに思えるものだ。

それを客観的に、
なんの問題を解決しているのか、
誰にどんな価値をどのように提供するのか、
などの当たり前の話を整理してもらえる。

僕は後日別の場でやってもらうことにしたが、
能力の高い、多様な人に評価してもらえるのは、
非常にありがたい。

特に、メンバーの中には、
すでに何度も起業した経験のある方も何人もいて、
そうした先輩方からコメントをもらえるのは恵まれていると感じた。

これからも積極的にアドバイスをもらいに行きたい。

【G’s Academy LABコース体験記】2・3日目

更新が遅くなってしまったが、先週分をサクッとまとめて書くことにする。

二、三日目は、他のブートキャンプとかでもよくあるように、
最初はHTML/CSSからスタートだった。

最初に準備として、テキスト・エディターが必要になったのだが、
元Googleのエンジニアの友人のMさんが昔おすすめしていたこともあって、
Sublime Text3を使うことにした。

gsではVisual Studio Code(VSC)を標準として使うことにしていたため、
僕はスキマ時間でいくつか自分で設定しないといけなかった。

大きくは2つで、VSCでは両方とも最初から存在する機能だ。
・subl コマンドの設定
現在のディレクトリのファイルを一括で開くために必要だ。
画面の左側にファイル構造が表示されるのだが、
Sublimeではターミナルで設定が必要だ。

調べながら途中までやったが、
結局コマンドを読み込むパスの設定が必要だということが分かり、
そこで止まっている。

・Sublime Package Control/emmetの設定
emmetというのは、プログラミングの予測ショートカットみたいなものだ。

これを設定するのに、
VSCでは画面で探してクリックするだけで
インストールが完了するのだが、
SublimeではPackage Controlというアドインをインストールしなければ、
それができない。

さて、以上2つをスキマ時間でなんとかこなし、いざ講義に入った。

フリーランスの仕事でHTML/CSSを最近やったばかりだったため、
概念はある程度理解していたので、
実践が大切になる時間だと僕は認識していた。

講義の進め方は、概念や全体像から入るというより、
とりあえず書いてみて慣れるスタイルだった。

ボックスモデルや、ブロック要素・インライン要素の説明は、
なんとなく触って分かってきた後に、二日目でされる感じだった。

これは好き嫌いは分かれるところだろうが、
個人的には全体像を先に知りたい派なので、
順序は逆の方がいい。

ここまでは多少知識があったからそんなにストレスがなかったが、
今後、そういう順序で出てくるということを前提に、
新しい知識に触れる心構えが必要そうだ。

また、ここでは全て包み隠さずありのままに僕が感じたことを書きたいので、
遠慮せずに悪いと思ったことも書く。

チューターの質が人によってアタリハズレがある。

チューターは、講師以外に僕達の質問を受けてくれる人たちだが、
彼らは僕達四期生の一つ前の代の三期生がスキマ時間で対応してくれている。

彼らは教えることのプロではないので、
ちゃんと教育しなければ、人によって品質がバラける。

僕自身、教える仕事を五年以上やっていたので、
どんな人が優れているとか、何をやってはいけないとかは、大体分かる。

その見地から言って、一番最悪なチューターは、
質問をして答えが分からないときに
「分からない」
と正直に言わずに誤魔化そうとする人だ。

プライドなのか何なのか、「分からない」と素直に言わない人がいる。

これは質問する側からすると、
実は面白いぐらいに透けて見えているものだ。

感じ方は人によるかもしれないが、
僕は別にチューターが全能だと思っている訳ではないから、
別に分からないことがいけないとは全く思わない。

ただ、自分が仮説を立てることが出来ないぐらい詰まっているのだから、
自分よりも経験豊富な立場から仮説を新しく立ててほしいのだ。

もし仮説すら立たなければ、それは仕方がないので、
その場で一緒に考えてほしい。

なのに、曖昧に誤魔化されると、
質問した側としては単純に時間を無駄にされただけになるので、
非常に不愉快だ。

チューター問題はどこのキャンプでも同じような感想を聞くので、
何ら驚くことではないが、まあ一定ガイドラインはあった方がいいだろう。 

新しい道具は結局全て慣れだと気づいた話

今僕はプログラミングスクールに通っているが、

通学(という言葉は好きじゃないが)途中に気づいたことだ。
同じルートを頻繁に使うため、
回数券(切符と同じ形)というものすごく古典的なツールを使っているが、
改札を通るときにちゃんと通るのか、
ものすごく不安になるのだ。
無論、磁気というテクノロジー的な不安もあるが、
それ以上に僕の慣れの方が大きいと感じた。
なぜなら、僕はICの交通パスの細かな仕組みを知らないから、
比較をしようがないのだ。
僕の感じる不安は極めて感情的で、
慣れという主観で決まっているようだ。
ところで、テクノロジーによる自動化が起きるときには、
こうした感情的な不安をそのまま行動に起こして反対する人がいる。
サルとしてはその反応はまあ仕方がないと思うのだが、
人間なのだからもう少し考えようよ、
といつも思う。
僕がいつも例に挙げるのは、
布おむつVS紙おむつの話だ。
大昔、紙おむつが輸入されて普及する頃、
大勢の人が反対した。
再利用と使い捨ての典型例だが、
彼ら(彼女ら)の反対理由は、
環境負荷などではなく、
「大変なことでも苦労してやるから、
赤ちゃんに対して愛情が深まるものだ。
それを効率よくしてやらないのは、愛情の欠如だ」
というものだ。
現代からすれば、この主張が誤りであったことは自明だが、
当時はそうではなかった。
効率よくした分、
赤ちゃんとのコミュニケーションという、
もっと愛情を深めるための時間が増えることが分からなかったのだ。
これは現代でも起きている。
自動改札機の導入時は、
おそらく駅員さんとのコミュニケーションが減るというよく分からない理由で反対があったであろうことは想像に難くない。
だが、実際は駅員さんは、
切符を切る時間がなくなった分、
駅で道に困っている人なんかを助けるという、
もっと満足度を高められる仕事をする時間が増えたのだ。
最近で言うと、AIもそうなるだろう。
第二次産業革命のとき、ラッダイト運動が起きたが、
現代はみんなが機械を受け入れている。
テクノロジーに反対する人は、
往往にして見方が一面的なのだ。
導入の結果、何が起きるのか、
ちゃんと正と負の両方の側面から評価するように気をつけたいところだ。

スタートアップワールドカップ日本決勝戦に行ってきた

今日、僕の友人Nと一緒に行ってきた。

決勝戦と言いながら、
この後世界大会で勝たないと出資されないので、
まだ先は長いのだが。

僕達がここに行った目的は、
世界で勝負するビジネスのレベルを最前線で見てくることと、
それに対して感じることを議論し、互いの選球眼を確かめるためだ。

決勝には10社が参加していた。

各社の説明なんかはこちらの記事に譲るとして、
僕からはその場で感じたことを備忘録的に書き記す。

英語が重要

まず、プレゼンテーションは英語で行われるが、
英語でプレゼンテーションが上手くできていたのは、内三社だけだった。

英語が分かる人ならプレゼンテーションを聞けばなんとなく分かるだろうが、
この三人はある程度自分で英語が話せる人たちだ。

ここのハードルが高かったのか、
英語のプレゼンテーションが一番下手だったMebiol社は、
非常に面白くてポテンシャルの高いプロダクトで、
個人的には最も優勝に近いものだと感じたにもかかわらず、
優勝することができなかった。

英語で話せるというのは、グローバルビジネスを展開する上でやはり重要ということだ。
まあ、当たり前か。

投資家(審査員)が気にすること

これは界隈では当たり前かもしれないが、
審査員の質問やプレゼンテーションを聞いていて、
以下のことを気にしているのだと感じた。

・マーケットサイズ
・組織メンバー
・ビジネスモデル
・どのように使われるのか

まあ、これも言われれば当たり前か。

ビジネスの選球眼

極めて上から目線の私見だ。

僕と友人Nは三社まで絞るところは同じだった。
・Seven Dreamers Labolatories(自動洗濯物畳み機)
・Mebiol(農耕用の水と栄養だけを通すフィルム)
・Empath(声から感情を読み取るAI)

僕はあくまでビジネスとして投資をする、
という観点でMebiolが最も有力だと考えた。
フィルムを使うだけで非常にいい作物ができるそうだ。
それがたとえ砂漠でも。
いや、むしろ砂漠のほうがいいとCEOは言っていた。
非常に面白いアイディアで、市場も大きい。
英語でのプレゼンテーションは最悪だったが。

他の二社はプレゼンテーションが上手く、
ビジネスとしてもスケールしそうだったが、
Mebiolに比べると、ちょっと意外性がないというか、
普通というか。
もちろんすごいのだが。

結局、Mebiolは副賞的なのは受賞していた(それでも投資額は50M円)が、
優勝できたのはSeven Dreamers Labolatoriesだった。

噂によれば、やはりMebiolは英語のプレゼンテーションがネックだったらしい。
逆に、それがなければ勝っていたかもしれない。

僕たちは、素人なりにも審査員とほぼ同じ結論に至った。

これは昔に比べれば、多少なりとビジネスを見る目が肥えたと言えるのかもしれない。

次は自分の番だ。

現代人の病、強迫性情報収集症

久しぶりに、通勤の類いの習慣が出来て、

今日ふと思ったことがある。
今まで電車の中で夢中になってNewsPicks で情報収集をしていたが、
果たしてこれは本当に僕がやりたくてやっていることなのだろうか、と。
スマホを持った現代人にとって、
「スキマ時間」はどんどん短くなっている。
そして、意識の高いビジネスパーソンは、
そのスキマ時間を認識した瞬間、
なにかをやっていないといけない感覚に襲われる。
(僕がそうだ)
そのスキマ時間を無駄遣いしてはいけないという、
強迫観念にも似た感覚だ。
ニュースでなくても、SNSが気になって開いてしまうのも同様だ。
これは果たしてあって然るべき状態なのだろうか。
無論、新しいアイディアを生むためにも、
インプットし続けることは極めて重要だ。
だが、たまにはその強迫観念から解放されて、
頭を休めたり、ボーッと街を眺めてみたり、
自分の人生に思いを馳せたり、そんなことをする余裕があってもいいのではないだろうか?
僕が常々言っていることだが、
テクノロジーは意識的に使いこなせなければ、
僕たちはアッという間にその奴隷にされてしまう。
テクノロジーの利便性の恩恵を受けるには、
やはりそのリテラシーと、
自分の置かれている状態を客観視することが必要なのだ。

【G’s Academy LABコース体験記】1日目

プログラミングブートキャンプは、
日本でもすでに乱立していて、
いずれはいくつかに収束すると思われるが、
僕はその中でも一つ、起業という目的にあった、
G’s Academy(ジーズアカデミー。以後gsと省略)というところで勉強することにした。

これは、僕が起業をするまでにgsで学ぶことの備忘録でもあり、
同時にこれから受講を考えている人にとって参考になる、
一人の体験記にする。

さて、初日の今日は、メインイベントは入学式と懇親会だった。

こういうのは、参加者のレベルが非常に重要だが、
個人的には非常に満足するものだった。

レベルが高いと言うよりは、
正確にはカオスすぎるというのが率直な感想だ。

僕が今まで出会ったことがない人種だらけだった。

無人島で半年間サバイバルした人。

起業して5つの事業でブルーオーシャン戦略で勝っている人。

1000km歩いた人。

オーストラリアのクロコダイルファームで働いていた人。

タンザニアで数学教師としてボランティアをやっていた人。

19歳で起業して、今はホールディングスのCEOをやっている人。

航空機の整備士だった人。

高校中退の18歳の若者。

…etc.

挙げればきりがないが、
こんな感じの人があと20人ぐらいいる。

人と違った面白い経験がないのは、
僕ぐらいだったんじゃないだろうか。

はっきり言って、僕の小綺麗な経歴は、
この中ではかなり奇異な部類だった。

こんな感じで、普通にしていればちょっと浮くぐらいの個性を持つ僕が、
完全に埋没するレベルの(いい意味で)動物園に入ることになった。

これから出来る限り、毎日の体験を書いていく。

もちろん、明日以降は学習の内容も記す。

新しく言うことがなくなったときは、自分の哲学が完成したときかもしれない

ここ2ヶ月ぐらい、

ブログが更新できないでいるのだが、
その理由について書いてみる。
それは、僕が普段から思っていることをほとんど一通り書き出してしまったからだ。
僕は常々、
日本という国や、
学校という教育機関、
地域コミュニティや企業について、
多数派とは異なる意見を持ち続けて来た。
これは意図的にそうしたこともあるし、
気づいていたらそうなっていたこともある。
僕の性格から言って、
人と同じことをすることは不特定多数に埋もれることであり、
基本的に自分の価値の毀損だと思っているから、
どこに行っても必然的にそうなってしまう。
その、どこに行っても思っていたそれらのことを、
一通り出し終えてしまったようなのだ。
僕は生き方や姿勢について書くことが多い)

これはとても大きなことだ。

誰か自分の好きなフォロー対象がいる人は感じたことがあるだろうが、
著名人でも、一見多くの書籍を出したり講演をしたり、発信をしていても、
ずっと聞いていれば、実は同じことを繰り返し言っていることに気づく。

僕の好きなホリエモンも、橘玲も、
ロバートキヨサキも、
大体言っていることはいつも同じだ。

つまり、新しく何を見ようが経験しようが、
結局いつもと同じ結論を考えるようになったとき、
その人の哲学の骨子はほぼ完成していると言えるのだ。
実際、振り返ってみればとても面白くて、
僕の生き方や価値観の軸が、
昔よりもかなり明確になってきた。
僕が新卒で入社したときの会社のCEOは、
明確に自分の哲学を持っていて、
それを心底すごいと思っていたので、彼にその完成時期を聞いてみたところ、
哲学がほぼ完成したのは30前半だったと言っていた。
当時内定者だった僕は、
そんな若くして哲学を持つのは自分には困難なのではないか、
と思っていたが、
多少粗削りでも良ければ案外20代で完成するものだと今は思う。
彼ほどの具体性や抱括性には乏しいが、
自分が今後生きて行く上で、
一生譲ることのないであろうことは、
すぐに言語化できる。
今後、ブログのネタはどうするか考えものだが、
一通り自分の考えを出し終えたという大きな節目を僕は迎えた。
この事実を素直に喜びたい。